株式会社リスペック

陸屋根(屋上)の防水工事

お問い合わせはこちら

陸屋根・屋上の防水工事

陸屋根(屋上)の防水工事

2022/07/12

本日も私が勉強したことを、皆様に共有させて頂こうと思いますlaugh

以前、塩ビシートの紹介やFRP防水の紹介をさせて頂きましたが、今回はシート防水工事についてお話をさせて頂こうと思います✨

シート防水工事

主に一軒家などの陸屋根、ビルや学校などの屋上の工事に施されています!

陸屋根や屋上というのは、三角屋根と違い平なのが特徴ですよね?

そのため、水が溜まりやすく排水性が少ない上に雨漏りしやすいのです💦

そこで活躍するのが、シート防水工事!!

 

シート防水工事には、主に2種類あります✌

ゴムシート防水と塩ビシート防水です!

最近では、耐久性が高く破けにくい塩ビシート防水が主流ですenlightened

 

塩ビシート防水工事

塩ビシート防水の耐用年数は約10年~20年で、工法によって差が出るようです!

下地に直接貼り付ける「密着工法」だと10~15年程度、下地からわざと浮かし通気性を考慮し器具で固定する「機械固定法」だと15年~20年程度と言われています☜

貯水槽やトップライトなどの障害物が多い場合は不向きのようですが、耐年数・値段・工事期間を比較すると塩ビシート工事はオススメしたいですね~!

メンテナンス

防水シートには寿命があります。

早めのメンテナンスだと、部分工事で済むこともあります!

水分を含んで膨れたときは、脱気筒を設置して水蒸気を逃しますyes

破れてしまったときは、パッチ処理等をします!

そのくらいで収まるかもしれないのに、ほっておいたり先延ばしにすると家や建物自体を悪くしてしまいます…

そうなる前に是非、大阪のリスペックを頼ってください🌟

お問い合わせ、いつでもお待ちしております📞

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。