株式会社リスペック

屋上防水の劣化が原因で雨漏り

お問い合わせはこちら

雨漏りでお困りの方

他社とは違う電気抵抗を利用した雨漏り調査

SERVICE

雨漏りの原因を徹底追求

一口に雨漏りと言っても原因は様々です

ビル、マンション、木造住宅、鉄骨造などの屋上防水の劣化が原因で雨漏り、ドレン部の詰まりで大雨でオーバーフローして雨漏り、屋根の割れから防水シートが痛み雨漏り、外壁のひび割れ部からの雨漏り、シーリング(コーキング)が破断して雨漏り、ベランダの防水が寿命で劣化して雨漏り。。

屋上やベランダの真下の居室に雨漏りしている場合は結構簡単に見つかるので、雨漏り調査の必要がない場合も結構ございますが、外壁や屋根、それから雨漏りの原因から程遠い場所から水が侵入している場合は、厄介で普通の営業さんや職人さんは見つけられないことが多いです。

雨の降り方で、全く雨漏りしない日もあれば「北風が吹く強い雨の日は雨漏りする」というパターンもあります。一度雨漏りすると水の道ができて、じわじわ侵食していきます。「先日、雨漏りしたけど、今はしていないから大丈夫」だと思っている方は大間違いです。普段は見えない天井の裏側や、クロスの裏側に少しずつじわじわ、水が廻り最悪の場合は下の写真のようになってしまいます。

一年間雨漏りを放置していたら、軒天ボードが落ちてきてしまいました。

こおなってしまうと防水工事のほかに、大工工事と塗装工事の費用が発生してしまい、結果的に工事代金が高くなってしまいます。

なので

一度でも雨漏りを発見された場合は、雨漏りの調査を実施した方が良いですよ。

雨漏り調査とは?

「雨漏り調査」とは、雨漏りの予防処置として、建物の現状・老朽化の状態・危険予測などを、 専用の機器を使用し調査を行います。一般的な雨漏り調査は目視調査・散水調査・赤外線カメラ調査などの 調査方法はあります。それぞれの調査方法にメリット・デメリットがあり、正確な雨漏りを図 る信頼性も、その方法によって異なります。

一般的な雨漏り調査・目視調査・散水調査・サーモグラフィック調査

✅目視調査、経験と勘が便りになるため信頼性に欠ける。

✅散水調査、場所が特定していない場合は正確性に欠ける。時間を要する

✅サーモグラフィック調査、屋外部での雨漏りの原因は発見しずらい

※こららの雨漏り調査では一般的な調査方法であるが特徴はない。

これまでに培ってきた経験によるノウハウを基にした雨漏り調査

雨漏り調査と検索すれば、ネット上で多数ヒットしますが、リスペックでは他社とは違う、調査の仕方で原因を特定します

電気抵抗による雨漏り調査 水道水を使用しての散水調査 サーモグラフィックカメラで温度の違いから、水漏れ箇所を特定

建物のことを詳しくわかっている調査員だから、原因を特定することがスピーディに行うことが可能です

もちろん漏水調査も可能です

ビルやマンションの賃貸物件のオーナー様又は管理をしているけど、入居者の方からの雨漏りや漏水のクレームで困っている』

防水工事をしてもらったが、雨漏りが止まらない。何が原因で雨漏りをしているか全くわからない

マンション管理組合、マンション管理会社、リフォーム会社、工務店、ゼネコン、建設会社、外壁塗装会社、防水工事業の方も雨漏りや漏水で困ってはいませんか?

弊社の雨漏り調査なら、安価でスピーディに原因がはっきりとわかります。長年建設業界で、防水工事、外壁塗装の会社を経営してきましたので、建物のことをしっかり熟知しています。

熟練のスタッフが調査に伺いますので、早ければ30分程度で原因を特定できます。無駄に点検口を取り付ける必要がなく、非破壊で調査が可能なため、住人様も安心していただける作業内容です。

もちろん例外もありますが、ほとんどの場合基本的な雨漏り調査で、原因を特定できることがほとんどです。

弊社の強み
  • 雨漏り
    ①雨漏りの原因究明から施工まで全ての工程に対応
    ご相談から調査、施工まで全ての工程を行えるからこそ、低価格でのご提案ができます。原因を明確にしてからの施工となるため、無駄な施工や費用は一切かかりません。
  • 最適なご提案
    ②最適なご提案
    調査の結果を踏まえ、施工に最適なプランをご提案させていただきます。調査を基に施工を行うため、原因の根本に特化した施工を行っています。
  • アフターサービス
    ③アフターサービスで施工後もしっかりサポート
    保証・アフターサービスを最長で10年間としております。何かございましたら、弊社スタッフが実際に現場に出向き、状況を確認させていただきます。

雨漏り調査の流れ

雨漏りや漏水の箇所を特定します。他社にはない調査を安価で行っています。

お問い合わせ

メールまたはお電話にてお問い合わせ頂き、日程などの打ち合わせをさせていただきます。


調査当日

調査のお時間は、約1時間~半日程です。場合によっては長引く場合もあります。調査を行い、雨漏りの原因となる箇所を特定いたします。


調査結果のご説明

雨漏りの原因をしっかりとご説明させていただきます。調査料金は、その場でお支払いまたは事前のお振り込みとなります。

調査後、修繕工事をご希望の場合は別途お見積もりを作成させていただきます。


後日見積もりを提出

調査後、施工をご希望の場合は見積書を作成させていただき、お送りさせていただき、その後のお打ち合わせをさせていただきます。

リスペックの雨漏り調査や漏水調査は一般的ではありません!

まず、漏水雨漏りの違いからご説明させて頂きます。

漏水とは水が漏れ出ることを言います。雨漏りとの違いは、漏水は水道管などから水が出ることを指し、雨漏りはお家の外部から水が入ることを言います。漏水の場合はいつも使用するキッチン・トイレ・洗面所などが原因となることが多く、排水ドレン部が詰まってオーバーフローし、部屋内に水が溢れ出し床にシミができたり、天井や壁にシミができたり、建物の老朽化で水道管が傷んでそこから水漏れしたりして、最悪の場合マンションやビルの下の階に漏水して、高額な損害賠償を請求されてしまうケースもございます。

雨漏りの場合は原因や発生箇所が分かりにくいため、気が付かないうちにお家を傷めてしまうことがあります。例えば、屋根から雨漏りしている場合を「水漏れ」「雨漏り」などと言います。同じような水漏れでも水が漏れている原因で言葉が変わります。

リスペックは漏水調査も雨漏り調査も得意です。

実際に雨漏り調査の依頼があった調査事例

築50年以上のビルの管理会社様からのご依頼で、1Fの屋内駐輪場やトイレに雨漏りしているので、「原因を調べてできるだけ修繕費用をおさえて修理したい」とお問い合わせがあり、早速現地に向かいました。

調査を進めていくと、なんと屋根の樋が詰まっていてオーバーフロー(水が排水の許容範囲を超えて溢れ出すこと)し、建物内に水が侵入し、長い年月をかけて天井ボードにシミどころか腐らせてしまって、天井ボードの下地の木部も手で触ると、簡単に取れてしまう状況です。

調査で雨漏りの原因がわかったところで、次に樋の詰まりの原因を直して行きます。なんと該当ビルの外壁のタイルが地震や劣化で落ちて来たものが樋の中に入って詰まりの原因となっていました。でてきたものがコレ

タイルの破片に埃や髪の毛が絡みつき、ゴミと一緒になり軒樋と竪樋のエルボ部分に詰まりオーバーフローの原因となっていたのです。

簡単な修理程度ならそのまま同じ調査員でやらせてもらっています。

と、ここまでがリスペックの雨漏り調査の費用に含まれています。

大掛かりな防水工事や屋根工事、その他の工事が必要な場合は、別途見積もりをしてからの修繕工事としております。

原因がわかったので、天井のボードや木部も復旧しますと、基本料金の調査費用とは別に、トイレの天井と駐輪場の天井20㎡の修繕費用が20万円税別が発生しました。

調査と雨漏り修繕を一貫しておこなえる調査会社だから、ここまで費用を安く抑えることが可能なんです。

もちろん調査だけを任せて頂くことも可能です。雨漏り調査はリスペックにお願いして、修繕はお知り合いの大工さんにお願いしてもらってもかまいません。無理な雨漏り修繕の営業も一切行っていませんので、安心して雨漏り調査の見積もりやご依頼をしてください。

 

特殊な機材で、原因を追求いたします

リスペックでは、「雨漏り検知器 LWー5」を「雨漏りや水漏れの調査機器」とし て使用しております。「雨漏り検知器 LWー5」は、電気を通し雨漏り箇所や漏水箇所があれば、電気抵 抗値が反応し、スピーディー且つ精度の高い確率で雨漏り箇所を特定する、優秀な雨漏り調査機器です。

過去に数百件に及ぶ雨漏り調査を実施した経験で、「雨漏り検知器 LWー5」は最も信頼できる調査方法と判断し、リスペックではこの機器を採用しております。

 

ページ下の方に、雨漏り調査のYOUTUBE動画が ございますので、詳しくはそちらをご視聴ください

雨漏り検知器 LWー5の特徴

✅電気抵抗値による反応で、より正確な雨漏り箇所を特定できる

✅音により雨漏り箇所の知らせがある

✅雨漏りを特定する時間が早い

✅「ここであろう」ではなく「ここである」と断定できる

✅雨漏り調査費 33000円(別途交通費)

サーモグラフィックカメラ C-3

赤外線サーモグラフィ

こちらは雨漏りしている側の部屋や漏水している箇所をカメラで撮影して、温度の違いで濡れている場所がわかります

雨漏り検知器で場所の特定をする前にサーモグラフィックカメラで撮影して、雨漏りや水漏れの場所を絞り込んでいくの役立ちます

撮影は基本料金に含まれています

※画像のお渡しは別途料金が発生いたします

通常カメラの画像

撮影場所 梁

2F建て木造住宅の2F屋根の真下に雨漏りのシミ

サーモグラフィの画像

撮影場所 梁

漏水の様子が一目で分かります

散水調査

水道水を使用します

雨漏り検知器で漏水箇所が特定できない場合、強制的に雨漏りを再現させます

じわじわと水が浸透していき原因の場所が分かりづらい場合は時間を要する可能性があります

こちらも基本料金に含まれています

漫画でわかる!安心・安全の雨漏り調査

雨漏り調査

リスペックではお客様のご要望に合わせていくつかの料金プランをご提案しております。雨漏りは家屋の状態や特性、周囲の環境によっていろんな原因があります。ご予算でご検討いただけますし、どのような調査方法がいいのかをリスペックまでご相談いただいても構いません。
  • 基本調査費用
    「雨漏り検知器 LWー5」を使用し、電気抵抗を測ることで雨漏り調査を行います。精度の高い方法で、特に原因を追求されたい雨漏り調査ではオススメしています。リスペックではこの検知器を用いた方法で雨漏り調査を行なっております。

    ■ 基本セットメニュー

    雨漏り検知器
    散水調査(水道水を使って雨漏りを再現)
    サーモグラフィックカメラ撮影

    ※別途、現地までの交通費が発生します

    ¥30000 (税抜)

  • 調査報告書
    ご希望の方は、サーモカメラ画像の調査報告書をご用意することも可能です。

    ¥10000 (税抜)

  • 【オプションA】赤外線カメラ調査報告書作成

    ¥20000 (税抜)

  • 【オプションB】追加散水調査 漏水見張りスタッフ対応
    もし、漏水の見張りをお客様側で出来ない場合には弊社スタッフで対応させていただくことも可能です。お客様ご自身で対応いただく場合は不要です。

    ¥25000 (税抜)

  • 【オプションC】解体、点検口の取り付け
    その他、漏水箇所の解体作業や、点検口取付などご要望に応じて別途ご相談も承っております.

    お問合せ下さい

  • 【見積もり】
    雨漏りの原因が分かったら、その場で工事の提案〜見積もりをさせていただきます。
    もちろん無料ですので、安心してください

    無料

鉄筋コンクリート造の建物の調査依頼の例  

築30年の大学生男子寮のビルの漏水調査

和室の窓付近への漏水の様子

畳をめくって、スタイロ断熱材を露出

サーモグラフィックカメラでの漏水の様子

水を含んでいるところは、温度が低いので青色に写ります

肉眼ではほとんど分かりませんが、カメラを使うと一目瞭然

下の階の天井スラブから漏水

配管を伝って、水漏れしている様子

露出コンクリート天井部至る所にひび割れや水のシミ

雨漏り検知器で漏水調査

ユニットバスの床下を調査

大きく針が振れ、漏水箇所が特定できました

水圧検査の結果 給水管から漏水の疑いが判明しましたが

この段階ではまだ、給水管のどこから漏れているのが分からないので、床材を捲って、水道管を露出します。あとは少しずつ目視で探していきました。下の2番目の写真でわかるように、小さな穴に釘が刺さっていました。なぜ釘が刺さっていたのかは分かりませんが、恐らくビルの建築時からずっと刺さった状態で、長い年月をかけ釘が腐食していき小さくなって、その小さくなった釘廻りの穴からフロア全体に水が回って、隣の部屋の和室の窓付近まで浸透していました
やがて、水がどんどん増えていき水漏れしている階の貫通配管などの取り合いから、階下の天井スラブに水が廻り、はじめて漏水していることに管理人さんが気づいたということです。

ユニットバスの給水配管

床を捲ると、配管に合板に釘が刺さってる箇所が

給水管からの水漏れ発見

建築当初から釘が刺さっていた様子で、時間をかけて釘が錆びて小さくなってきたところから漏水

給水管を切断

一度切断してから、ジョイント材を取付、復旧

床の復旧

水圧テストをし、問題がなかったのでモルタルを埋め戻して、床材を復旧して完了です

雨漏りや漏水の調査から緊急工事の手配まで、すべて対応可能です。
社長をはじめ、各分野のプロフェッショナルが在籍している弊社だから、修繕工事も安価で提供しています。

雨漏りや漏水の原因を特定し、その場で調査員が修繕工事の提案〜お見積もりまでさせていただきます。
調査時間は最短1時間、長い場合だと半日以上お時間を頂くこともございます。
調査時間や雨漏り調査費用はかかってしまいますが、検討違いの無駄な工事を行うことがないので、結果的に費用は安くなります。
職人や担当者の勘で、ここだろうと工事を進めて検討違いだったということもあります。その分工事費用が余分にかかってしまい、結果的に費用が高くなってしまうこともあります。
リスペックは、ここだろうではなく、根拠のある雨漏り修繕をおすすめします。もちろん、原因が簡単にわかる場合もありますので、すべてとはいいませんが。

雨漏りの原因を特定〜その後の修繕工事まで自社施工

木造の雨漏りの例

天井の浮き、捲れ

雨漏りを放置するとどんどん傷んだきます

ベランダの排水部から

新築時から一回も防水していないベランダ

外壁のひび割れ部から

地震などで壁がひび割れている箇所

上記の写真のように、あきらかに原因がわかっていることもありますが、

天井のシミや、天井の捲れている部分のすぐ上がベランダで、新築時から1回も防水工事をしたことがないというお宅はたくさんあります。

一昔前の木造住宅ではベランダにピッチ防水(アスファルト防水)という防水を施工してから、歩行用にモルタルを打っていました。見た目では防水していないように見えますが、実際にはモルタルの下に防水が施されています。

ところが、ピッチ防水(アスファルト防水)の寿命は30年程度ですので、地震などの揺れで防水層が破断したり、または経年劣化で寿命がきてしまい雨漏りにつながるケースが多くあります。家の中に雨漏りしてから防水が破断していることに気づくので高額な工事費用がかかってしまいます。やはり雨漏りする前に防水工事をした方が良いでしょう。

しかし、一般の方がやりかえ時期を見極めるのは、なかなか難しいと思いますので、下記に簡単見極め方法を記載します。

一つ判断基準として、表面のモルタルがひび割れしてきたら防水のやり替え時期です。

下記のようなひび割れがある場合、防水工事のやり替え時期の判断基準としましょう。

戸建住宅の屋上やベランダ、バルコニーで排水ドレンのゴミの詰まりによるオーバーフローで雨漏りのケース

排水ドレン部はこまめな清掃を

ドレン部の落ち葉が詰まり

屋上、屋根のドレン部に落ち葉が詰まって、立上りの水切り金物とシート防水の間から建物の部屋内に水が侵入

建物の近くに大きな木があるお宅は、要注意です。ご自身が植えている木やご近所さんが植えている木、公園の木、または山間のお家なら山からの落ち葉が知らない間に溜まって行きます。ベランダなら目に見えてすぐわかるので、掃除もしやすいですが、屋上や屋根ならどうでしょう?ご自身で上がることもできない方も多数いらっしゃいますよね。そんな時はお家を建ててもらった工務店や建設会社にお願いするか、近くの工事屋さんに頼まれると良いでしょう。もちろんリスペックにお願いしていただければ「飛んでいきますよ」少しぐらいは費用がかかってしまうかも知れませんが、雨漏りして高額な修理費用がかかってしまうことを考えたら、安いもんです。

近くに大きな木があるお家や、カラスなどの少し大きな鳥がたくさん飛んでいる所は半年に一回は掃除をした方が、良いです。

 

上記の写真は、屋根の側溝部ですが落ち葉や泥がたくさん溜まっています。これでも弊社が屋根に上がる1年以内で掃除はしていたそうですが、どうでしょう?この量「すごい量だと思いませんか」

近くに大きな木がたくさんあって、カラスなどの鳥類もたくさん飛んでいるそうです。カラスはなんでも口に咥えて、そこらじゅうに落としまくるので、1年と経たないうちにこんなになってしまうそうです。

最悪の場合、放置しておくとここから根を張って植物が成長し、防水層を突き破ってしまうこともあります。

 

 

 

 

 

精密な調査ですべての情報をオープンにし適正価格での施工を提案

建物の雨漏り調査にお伺いし、その際には専用の雨漏り検知器を利用して目視や散水調査よりも正確な診断結果をお出ししています。また雨漏りの状況によって場所の特定が難しい・診断ができないといった場合には高感度赤外線カメラの使用や散水調査といった基本料金に含まれたサービスにより、さらに精密な診断をいたします。高所の調査についてはドローンを導入しており、はしごで登っての人力調査では行えないような細かな場所、チェックが難しい場所まで詳しく状況をお調べしています。
資格を持つスタッフによる操縦と万が一のトラブルに対応するドローン保険への加入もしており、周りの安全にも配慮した調査を実施しています。雨漏り対策やメンテナンスは住まいを維持する上で避けられません。快適な住環境を維持するためのお手伝いをします。

雨漏り調査対応可能エリア

大阪府

大阪市(都島区、福島区、旭区、阿倍野区、天王寺区、北区、西区、此花区、城東区、大正区、中央区、鶴見区、浪速区、西成区、西淀川区、淀川区、東淀川区、生野区、東住吉区、東成区、平野区、港区、住之江区、住吉区)

池田市、泉大津市、泉佐野市、和泉市、茨木市、貝塚市、交野市、門真市、柏原市、河内長野市、岸和田市

堺市(北区、中区、堺区、中区、西区、東区、美原区)

四條畷市、吹田市、摂津市、泉南郡熊取町、泉南郡田尻町、泉南市、泉南郡忠岡町、高槻市、高石市、大東市、豊中市、豊野郡豊野町、豊野郡豊野町

富田林市、寝屋川市、羽曳野市、東大阪市、枚方市、藤井寺市、松原市、三島郡島本町、南河内郡河南町、南河内郡太子町、南河内郡千早赤阪村、箕面市、守口市、八尾市

兵庫県

芦屋市、尼崎市、伊丹市、川西市、川辺郡猪名川町、三田市、宝塚市、西宮市、

神戸市(北区、須磨区、垂水区、中央区、長田区、灘区、西区、東灘区、兵庫区)

京都府

宇治市、亀岡市、木津川市、京田辺市、久御山町、城陽市、加茂町、木津町、長岡京市、八幡市

京都市(右京区、上京区、下京区、左京区、北区、中京区、西京区、伏見区、東区、南区、山科区

奈良県

生駒市、生駒郡安堵町、生駒郡斑鳩町、生駒郡三郷町、生駒郡平群町、橿原市、香芝市、葛城市、五條市、北葛城郡、天理市、奈良市、大和郡山市、

大和高田市

和歌山県

海南市、紀の川市、和歌山市

滋賀県

大津市、草津市

上記以外の他府県はご相談ください

アフター保証まで徹底したお客様目線での対応について紹介

工事が終わればそこでおしまいではなく、それから先も長くお客様との関係は続いていくものと考えご依頼いただいたご縁を大切にしております。塗装工事や防水工事を行うと多くの会社では保証制度を用意していることと思われますが、材料メーカーによる保証に加えて自社長期保証制度も取り入れた施工箇所のアフターフォローをしております。
施工箇所に不備や不具合があった、保証期間内に雨漏りが発生したなどのトラブルがあれば、迅速に対応をしているのでお申しつけください。保証制度についての詳しい説明や、施工箇所をできるだけ長く維持していくために必要なメンテナンスなど、塗装工事や防水工事をご依頼されすでに施工が終わった方にも役立つ情報を定期的に発信しております。施工後の維持管理のためにもご一読をおすすめします。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。