株式会社リスペック

大阪 外壁塗装、屋根塗装 塗り替えのことなら株式会社リスペック

お問い合わせはこちら

外壁塗装、屋根塗装

外壁塗装とは

建物の外壁を新築時のように綺麗に塗装することが「外壁塗装」「屋根塗り替え塗装」と思われがちですが、綺麗にするためだけではありません。建物を長く守る・保護することも外壁塗装の役割です。塗装工事をすると、外壁塗装の塗料が固まりできる膜によって防水効果を発揮し、建物の寿命を伸ばします。外壁や屋根は特に雨や紫外線を避けられないので建物の塗膜は日々劣化していきますが、それを大丈夫だろうと放置し続けると、屋根の保護塗装や外壁の塗装が痛み、雨漏りを引き起こす原因につながったり、最悪の場合は建物を支える柱が腐ってしまったりする可能性が増してしまいます。

身近でわかりやすいものに例えるとするならば、人間の皮膚ではないでしょうか?特に夏や曇りの日は紫外線が強く、日焼け止めクリームを塗らないと日焼けしてしまい、シミができたり、肌が荒れたりと様々なトラブルを引き起こしてしまいますよね。なので、建物も人間の皮膚と同じように考えてあげてください。私たちが日焼け止めクリームを塗るように、外壁にも屋根にも塗装をしてあげましょう。こうして、建物をしっかり守ってあげることが重要です。

どんな状況になれば外壁塗装や屋根塗装をするのか」「どのくらいの頻度や回数で塗り替え工事をするべきか」など、塗り替えをするタイミングがわからないという方も居られると思いますので、目安になる外壁や屋根の寿命や、見たり・触ったりしてわかる方法を大阪の専門工事会社のリスペックがご紹介していきたいと思います。

屋根や外壁の寿命は10年?

外壁の寿命は、建物の状況にもよりますが約10年〜15年と言われております。長年、雨・風・ 紫外線・寒暖などの厳しい環境下にあり、建物が受けるダメージは相当で、10年の間にかなりの劣化が進んでいるとされています。例えば、塗膜のチョーキング(塗膜劣化)や、湿気などにより水分が内部から浸入し 腐食を進めたり、車や地震の微動により外壁にひび割れを発生させることもあります。

塗り替え工事をせずに放っておくと、どんどん外壁材や屋根材は劣化していき、ひび割れができて雨漏りが発生して、天井にシミができたり、壁のクロスが捲れてきてしまったり、最悪の場合は柱などの木材に水が侵入し、木を腐らせてシロアリが発生してしまうことも。。。

そんな知らずの間に進む劣化を良いことに、過去には外壁塗装での「高額リフォーム請求」のような被害もあって、個人宅をお持ちの方は、今でも外壁塗装には慎重なっている現状です。まずはご自宅の状況を知ることが大切です。リスペックではお客様へ外壁塗装について、 正しい知識を持って頂きたいのと、お客様の不安を取り除く外壁塗装、屋根塗装の適正価格での工事をご提案させて頂いております。

塗装工事のメンテナンスの重要性

住宅やマンション、ビルなどの塗装工事をしないで、放っておくと外壁材や屋根材の表面が劣化していき、二次災害に発展していきます。

1 外壁にひび割れが発生  0.3mm以上のひび割れで、建物内に雨水が侵入する恐れがあります

 サッシ廻りから水の侵入 サッシ廻りのモルタルやシーリングが破断して、雨漏りのリスク

3 防水機能の低下     雨水が外壁や屋根に染み込んで水を含み、苔やカビなどが発生してしまう

4 ビスなどが錆びてくる  他部材がもらい錆で腐食がどんどん広がっていく

5 建物内部に水が侵入して、高額な工事費用が発生してしまう 内装の天井やクロスが浮いたり、捲れたりする

以下のような場合、塗装工事のタイミングといえます

白化現象

塗膜劣化によるチョーキング

外壁を手で触ったら、手が白くなる状態

 

外壁のひび割れ

0.3mm以上のひび割れ

スケールで測るとこのひび割れは0.3m以上あります

 

屋根の表面劣化

カラーベストやコロニアル

塗膜劣化で表面が捲れてきている

天井にシミがある

防水層や、屋根材が破断

外壁の天井に雨シミがあったり、エフロが発生している

サッシ枠から水が侵入

ビスを伝って雨漏り

外壁の取り合いが劣化して窓枠からの漏水の原因となってしまう

チョーキング現象とは?

手で触ると白くなる

外壁や屋根は建築時から大分年数が経つと、手で触ると白い粉がつくことがあります。これがチョーキング現象(白化現象)という劣化現象です。

チョーキング現象がなぜ起こるか?

チョーキング現象(白化現象)が起きる主な原因は、紫外線や雨風によるダメージです。塗り替えしてから1~2年でチョーキング現象が起きる場合は、施工不良の可能性があります。

 

 

クラックとは

外壁にできるひび割れ

建物は風や道を通る車の振動、地震で常に揺れていて、コンクリートやモルタル壁でできている壁はこの揺れに追従しにくい材質となっている為、ひび割れが発生しやすいと言えます。

0.3mm以上のひび割れは雨水が侵入しやすい亀裂なので、目視で確認できるひび割れは雨漏りの原因となりますので、早急に補修工事をしてもらった方が良いでしょう。ひび割れは放っておくとどんどん成長し最悪の場合、亀裂が内部と繋がって雨水が侵入し、クロスや土壁まで浮かして柱や梁を痛め、建物が弱ってしまいます。ひび割れはあるけど、まだ雨漏りしていないし大丈夫だという安易に考えるのはやめましょうね!

屋根の表面劣化

カラーベストやコロニアル等、屋根の表面が捲れている

屋根は普段見えるところではないので、中々状態を確認することはできません。見積もりや調査を依頼してはじめてこのような状態に気が付く方も多いでしょう。

天井にシミがある

雨漏りによって天井の木材やクロスにシミができるのは、防水層や屋根材の破断が原因になっていることが多いです。「別に雨水が垂れてくるわけじゃないから」と放置して良いわけではありません。天井にシミが出来ているだけで雨水が垂れてこないこともありますが、水が天井から垂れてくる状態までになってしまうと重症の場合が多いです。また、屋根以外に外壁やベランダが原因になっている場合もあります。

エフロとは

エフロ」と呼ばれる「エフロレッセンスは、別名「白華現象(はっかげんしょう)」とも呼ばれています。エフロは外壁に現れるただの汚れではなく、実はコンクリートの劣化現象のひとつなんです。コンクリート内部の劣化によって白い液体が流れ出る現象のことを指し、この白い液体というのが、コンクリートに含まれる水酸化カルシウムのひび割れを伝って浸入した水分によって溶け出し、外気に含まれる二酸化炭素と結合して炭酸カルシウムに変化したものになります。コンクリートの打設時に使用した水分に溶解した成分が析出する一次白華と、一旦乾燥したコンクリートに水が浸入し、乾燥過程で白華成分が析出する二次白華の2種類があります。

発生しやすい条件は、低温・多湿・適当な風速・日陰・材令が若い場合等が挙げられます。また、漏水箇所やクラック部分に出やすく、特にコンクリートの養生不足や冬場にコンクリートを打設した場合によく発生します。なお、塗膜へ透過してしまうと、塗装の仕上がり・付着性・耐久性に悪影響を与えます。

放置すると、見た目の問題だけではなく、建物の寿命を縮める原因にもなってしまいます。例えばタイルやモルタルが剥離しやすくなったり、コンクリートには塩化物イオンが混入しているため、中性化が進んだ場合にはコンクリートの中に含まれている鉄筋が腐食してしまう可能性も高いです。特に白いだけでなく、茶色く染み出しているエフロが発生している場合は、内部鉄筋が錆びているサインだと言えるので、外壁が白く汚れているのを見つけた時点で外壁の状態が悪化していることを疑い、早い段階で対策をとるようにしましょう。

サッシ枠から水が侵入

ビスを伝って雨漏り 外壁の取り合いが劣化して窓枠からの漏水の原因となってしまう

屋根の板金を締結するためにビスや釘が用いられますが、最近ではその時々に応じて締結力に優れたビスが非常に良く用いられています。ですが、ビスからの雨漏りにより貫板の腐りなどが起こることがあります。例えば、ビスの周りに水が張り付いた状態になっていたりすると、どんなに強くビスを締結していたとしても、時間が経つと少しずつビス穴から水が侵入していきます。また、夏の時期は気温が高くなりビス穴が拡張してしまい、この状態で雨が降ってしまうと簡単に内部に水が侵入してしまいます。こうして、ビスを伝って室内に水を取り入ってしまい、雨漏りにつながります。

 

また、雨漏りと聞くと天井などからの症状をイメージしますが、実は窓サッシからの雨漏りというのもあるんです。サッシから1度でも雨漏りしたら、そこから雨水の通り道ができてしまいます。雨水の浸入口は、サッシから離れたところだったり、何箇所もあったりするので、見つけるのが大変です。こういったサッシの雨漏りを放置すると、雨に濡れた部分の腐食などで家全体の寿命を短くしてしまいます。それだけでなく、原因は窓以外の場所にあり気が付かないうちに被害が拡がっていたということもあります。

外壁塗装

メーカー保証10年間プラン

納得の安心工事で、最長10年保証が可能です

人気のラジカル制御機能付き塗料 耐用年数12年〜15年

上記金額には足場工事金額が含まれています
屋根塗装、樋や雨戸などの付帯部の塗装は含んでおりません。別途見積もり対応となります

リスペック一番人気の塗料、近年注目されているラジカル制御機能付き塗料でお家の塗装工事をご検討してみませんか?

ではなぜ一番選ばれる塗料かと言いますとその理由はやはり「ラジカル制御機能付きで、フッ素にも引けを取らない性能で且つ、安価な費用で費用対効果も抜群な塗料だからです。詳しく説明しますので、よく読んでラジカル制御型機能付きの塗料の良さを理解していただけると幸いです。

ラジカル塗料とは

塗料に色を付ける顔料の主成分である「酸化チタン」が、太陽光の紫外線の影響を受け発生する劣化因子です。
このラジカルが発生すると、樹脂の結合が破壊され、塗装した塗膜の劣化が進行してしまいます。この劣化因子を防ぐ塗料がラジカル塗料と言います。

このラジカル制御型シリコン塗料で塗装することで、ラジカルによる塗膜の劣化を抑え、チョーキング現象という劣化要因が発生しにくく、長期間に渡り建物を保護してくれます。

2つの成分が劣化要因のラジカルを抑えます

酸化チタン

高耐候酸化チタンが紫外線に反応しラジカルシールドを形成して、劣化要因のラジカルが外に出ないように抑制してくれます

光安定剤「HALS]

もしラジカルのシールド層からラジカル成分が漏れ出ても光安定剤が不活性化してくれます

 

チョーキング現象からも守ってくれる

 

これだけじゃないラジカル塗料のすごいところ

①低汚染性

⼀般的なシリコン塗料に使⽤されているアクリルシリコン樹脂は表層の柔軟性が⾼く、汚れが付着しやすい課題を抱えています。ラジカル制御型塗料は、柔軟性のある層を強靭な層でコーティングした⼆重構造アクリルシリコン樹脂を採⽤。塗膜表⾯に汚れが付着しにくく、長くに渡り建物の美観を保持します

②防カビ、防藻性

カビや藻の発⽣を防ぐ為、長期間建物の美観を守ってくれます

 

 

ラジカル塗料の料金の相場は?
㎡単価で1600〜3500円

通常のシリコン塗料、日本ペイント=オーデフレッシュ、SK化研=セラミシリコン、関西ペイント=コスモシリコン
これらが現状では一番売れている塗料の種類です。マンションや公営団地、ビル〜一般住宅まで幅広く販売されている塗料です。

これらの塗料が大体㎡単価が3回塗りで1400円〜3000円 発注先の工務店やゼネコン、工事業者により大きく差がありますが、個人の工事業者にお願いすると安くなるのは当然です。料金の差は、管理体制や補償、後は広告費などの違いで大きく変わってきます。

15年以上耐久の高耐候塗料

上記金額には足場工事金額が含まれています
屋根塗装、樋や雨戸などの付帯部の塗装は含んでおりません。別途見積もり対応となります

 

フッ素塗料とは

塗料の中ではとても高額な費用がかかってしまう塗料です。

費用が高い分、建物との密着性が良く高い耐久性で、長期にわたって建物の美観を維持します。雨風や紫外線にもとても強く、時間が経っても塗装した面の強度が落ちにくく高い品質をいじすることができます。

耐候性にも優れ、色あせしにくく紫外線による劣化も少ない塗料です。
潮風や温度変化にも強いため、海沿いや雪が多い地域の住宅でも重宝されています。

耐熱性もある 耐熱性とは、塗料自体の熱や紫外線に対する性能のコトで、外壁や屋根は太陽光で熱せられ続けています。暑い夏の日の鉄板で卵が焼けるくらいの強い日差しにも耐えるチカラを持っています。
注意しなければならないのが、遮熱性や断熱性とは異なりますのでご注意を。

親水性もある 親水性とは水と親和性が大きいこと。水と結びつきやすい、水に溶けやすい、また、物の表面に水が薄く広がるなどの性質を持つこと。又は光触媒で

雨水などが壁に密着して流れることで、雨と一緒に汚れも落ちていくのです。
汚れに強いという意味で、低汚染性とも呼ばれています

 

以上のことから、高性能な塗料ということがお分かりでしょうか?リフォーム工事では価格面でなかなか選定される塗料ではありませんが、一度お見積りして検討されても良いのではないでしょうか

やっぱりお値段重視の方は 耐用年数8年〜12年

上記金額には足場工事金額が含まれています
屋根塗装、樋や雨戸などの付帯部の塗装は含んでおりません。別途見積もり対応となります

 

シリコン塗料とは

この塗料は近年最も出荷量が多い塗料です。

シリコン塗料はシリコン樹脂を原料とした塗料で、鉱石やガラスなどの無機物と同じ成分で、結合する力が非常に強いケイ素原子(Si)と酸素原子(O)によるシロキサン結合によって優れた耐候性・低汚染性を発揮します。

耐久性もあり、耐候性にも優れ、費用対効果は申し分ありません。

ラジカル制御型塗料を選定するには少し予算が足りないという方は、シリコン塗料でもコスパが良く十分に満足いただけること間違いなしです。

もちろん水性なので、臭気が少なく塗り替えでご近所さんにも臭いの心配がございません。

ドローン調査の良い点

ドローン調査は、勾配のきつい傾斜面でも全く関係なく写真撮影&調査が可能です。調査時に画面付きのスマートコントローラーでお客様と一緒に見ながら確認することが可能です。

「本当に塗装工事が必要なのか?」「屋根材が台風などの強風で飛んでいっていないか?」「アンテナは倒れていないか?」等、確認しながら調査を行いますので、お客さまに安心して、工事の検討をしていただけます。

傷んでいる屋根に梯子を使用して上がって屋根を割ってしまうリスクもありませんし、屋根から落ちる心配もございません。

 

一般的な住宅の屋根材カラーベストは、塗装をしなくても新築工事の時から20年から30年程度は耐久性がございます。ですので極端に色褪せてたり、苔が発生していない場合は1回目の改修工事時は塗装を見送っても問題ありません。

屋根塗装だけでも10万円以上予算がかかってしまいますので、1回目の改修工事の場合既存屋根の状態が良ければ、見送っても大丈夫なのです。

家のメンテナンスを計画して、予算を考える上で最も重要なのが、見た目以上に防水性です。

冒頭で説明しているように、防水機能が低下し内装が傷んでしまう前に工事が必要不可欠になりますので、以下に各部材の耐用年数を明記しておきますので、調査依頼の判断材料にしてください

 

ドローンで安心、建物調査

10分程度の調査なら無料

 

昨今、見積りにお伺いして梯子を使用して屋根に上がらせてもらった時に、「屋根が抜けて大怪我をした」「屋根材を割ってしまった」等の事故が、

見積り調査段階で実際に起こってしまうことが多いようです。

リスペックでは、そんな心配をしなくていいように、ドローン操縦士の資格を持った、営業マンが実際に操縦してお客様の建物を安全に調査いたします。

なお、操縦士の予定が詰まっている場合、別の営業がハシゴのみの見積もりに伺う場合がございます。ドローンでの見積もりをご希望の場合は予め、予定をご確認お願いします。(ドローンでの見積もりでも無理な営業は致しません!)

各屋根材の塗り替え時期

塗り替え時期は新築当時からの年数を表示しています

金属屋根 ガルバリウム鋼板

耐用年数25年〜35年

塗装推奨時期 25年以内で塗装を検討した方が良い

スレート屋根 カラーベスト

耐用年数20年〜30年

塗装推奨時期 20年以内で塗装を検討した方が良い

モニエル瓦

耐用年数 30年〜35年

塗装推奨時期 30年程度で塗装を検討した方が良い

 

 

シングル屋根

耐用年数15年〜30年

塗装推奨時期 15年程度で塗装を検討した方が良い

 

 

 

しっかりした施工がしたいので、自社で施工できる分だけしか施工していません。順番待ちをお願いするかもしれませんが、納得の品質でお客様満足90%以上いただいております。また、施工実績No.1の塗料「ラジカル塗料」はシリコン塗料と同価格帯でありながら、フッ素塗料と同等レベルの高耐久性を実現する塗料です。低価格帯で施工できるようになりましたので、こだわりがある施主様必見です!

お客様へのお約束

サイディングの壁やモルタル壁、ALC壁の下地補修から下地を作り、塗装工事は丁寧に仕上げをしますので、10年後も綺麗で建物の寿命を少しでも長持ち

できるようお約束します。

特にサッシ廻りや塗り分け部のライン出しはお客様よりいつも好評価をいただいております。

リスペックの塗装工事は、断然に競合他社様よりお得です。

なぜかと言いますと、一人の職人が多能工で工事を進めるのではなく、各分野のエキスパート職人が各工事を完璧に仕上げます。

足場工事はもちろん鳶職人、塗装工事は塗装専門の職人。シーリング工事はシーリング専門の職人、外壁の補修は下地補修の専門の職人、防水工事は防水の専門の職人というように、各分野の職人さんを手配し工事を完了させます。

昨今、多能工の職人が多いようですが専門の職人から比べたら、やはり後者の方が完成度は高いです。全てがそうだとは言えませんが、専門の職人の仕事はレベルが高いのは言うまでもなありません。

ですので、リスペックではその道のプロに施工してもらうのを基本ベースに考えます。施工店ならではの納得価格とメーカーの工事依頼も年間数百件とこなしていますので、品質はめちゃくちゃ高いです。

はっきり言って、お得です!

品質の良さ職人のレベルの高さ工事料金の妥当性。これらは約束させてもらいます!!

リスペックではリフォームローンにも対応しています

お客様の負担を少なくするために、弊社リフォームローンにも対応しています。工事費用の全てをローンでまかなえますので、計画的に工事をご依頼していただけるよう、ローン会社と提携しております。金利はローン会社のサイトでご確認のほどよろしくお願いします。

外壁塗装工事、屋根塗装工事対応エリア

大阪府 大阪市(都島区、福島区、旭区、阿倍野区、天王寺区、北区、西区、此花区、城東区、大正区、中央区、鶴見区、浪速区、西成区、西淀川区、淀川区、東淀川区、生野区、東住吉区、東成区、平野区、港区、住之江区、住吉区) 池田市、泉大津市、泉佐野市、和泉市、茨木市、貝塚市、交野市、門真市、柏原市、河内長野市、岸和田市 堺市(北区、中区、堺区、中区、西区、東区、美原区) 四條畷市、吹田市、摂津市、泉南郡熊取町、泉南郡田尻町、泉南市、泉南郡忠岡町、高槻市、高石市、大東市、豊中市、豊野郡豊野町、豊野郡豊野町 富田林市、寝屋川市、羽曳野市、東大阪市、枚方市、藤井寺市、松原市、三島郡島本町、南河内郡河南町、南河内郡太子町、南河内郡千早赤阪村、箕面市、守口市、八尾市

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。